記事一覧

【MV】嘘 について

今日8/17発表になりました、新しいMVについての話を少し。

これを読んでもう一度作品に触れて欲しいという思いから少しお話しを聞いてください。

今回のMVは全ての監督を大波ユリカ主に、SEKIRARAのメンバー全員でやり、企画から完パケまで数ヶ月、頭を、身を削って《嘘 白Ver.》《嘘 黒Ver.》を完成させました。
カメラマンはいつもライブ写真を撮ってくれているおはし氏(Twitter @084yk )に頼みました。
作品を見ていたたければわかるように女子の繊細であり強い感情の変化を表現したかったのでこれはおはしちゃんしかいない!!と企画を話すとノリノリで参加してくれました。

この二作品を出す前は《白Ver.》のみのつもりで企画をはじめ、考察を練っていたのですが【嘘】という言葉、【嘘】という歌、曲の中に二面性があると感じ、すぐさま黒も作ろうじゃないか!と立ち上がりました。

嘘の二面性、それって一体なんなんだろう?

それは一人一人の中にあるものだと思います、なのでこれだと言い切りたくてこの作品を作ったというよりは、この作品を見て皆さんに何か?答えはあるのか?考えてみて欲しかったのです。

ここでは【いい嘘】と【悪い嘘】の二つに分かれるとする。

わたしは演じている、この曲を作った本人なので白=いい嘘、黒=悪い嘘という判断で作品に向き合いました。
でもいい嘘(白)をみんながみんないい嘘ととらえるのか??じゃあ悪い嘘は本当は白なのじゃないか?では悪い嘘に見える黒は真摯に嘘と向き合えているのか?
様々な考察を浮かばせることができると思います。

それぐらい嘘という言葉、嘘というこの曲はたくさんの人に触れていただければ触れていただけるほど可能性がある気がしたのです。

だからこそこのMVを作りました。
たくさんの人に触れて欲しい、新しい新曲です。

ここで嘘の歌詞をこちらにも載せておきます。

*****************


作詞作曲・大波ユリカ
編曲・SEKIRARA

朝寝坊をした時は
ふざけあった夜を思い出す
飛び乗る電車、窮屈に
私をしめつけるのやめてよ

こんな最低な一日は
何もかもが暗い歌になる
人の幸せなんてもの
今は祝ってあげられない

くだけたな
こんな恋ははじめて
くだけたな
ださいのはまだ涙がでてる

あぁ、忘れたのは嘘で
あぁ、仕方ないことだった
これより愛せなんて
君より愛せなくて

肩落とした瞬間は
手をのばして待ってくれてた
マイペースだけど
いつもより早く歩いてかけ寄った

つかれたな
思い出が止まらない
つかれたな
考えては涙がでてる

あぁ、嫌いになれなくて
あぁ、嘘つくしかなかった
このまま会えないまま
このまま嘘のままで

嘘をついた僕にも
守りたいものがある
嘘がすべて悪いの?
守るべきためならば
君だっていつか分かる頃がくるだろう
君だっていつか

あぁ 君だって

*****************


この曲はSEKIRARAの楽曲に多い、恋愛の歌。

一度は経験したこともあると思うテーマ、別れの中に生まれた嘘を歌っています。
嫌いになれなかったからこそつくしかなかった嘘をいい嘘とするか、悪い嘘とするのか、あなたはどちらですか?

もう一度見たくなったのではないでしょうか?

黒Ver.→https://youtu.be/zU9e6wlkviA
白Ver.→https://youtu.be/4lzkx9O9YbQ

このMVのこだわりは他にも有ります、嘘をテーマにしたからこそ、嘘をついた作品にしたくなかった、そこから

《このMVは録りっぱなしの映像にしよう》

という考えになりました。



なので全てカメラ回しっぱなしで作品を録りました、一秒足りとも目を離してしまうと勿体無いのでぜひ最初から最後まで集中してみてくださいね。
以前のわたしたちのMVはすべて録りっぱなしではないし、場面の変化があって最高の演出ができるわけで、それをあえてしないでいくと決めたのでどこにもすがるものがなく、嘘という楽曲にぴったりなまっさらな演出が出来たと思います。

そして出演が私本人のみということ。
もちろんわたしたちはバンドでSEKIRARAとしてこの楽曲にもっとみんなに触れてほしい思いからこのMVをとったので、そこにも理由があります。
はじめはすごく綺麗な黒髪おねぇさんにモデルとして出演してもらおうという話も出ていました、ですが話し合いを重ね、今回のMVは全てわたしたちが企画。
わたしたちの楽曲にもっと触れてもらうためには、この曲をかいた大波本人が演じ、大波本人がこの作品を飾るほうがまっすぐに伝わるのではないか?とSEKIRARAで決めたものです。
さらに冒頭で話した、嘘という言葉の二面性の他に【女性の二面性】にも目をつけて1人の女性(大波)で全く同じ曲で、二つのMVをつくるとどうなるのか、と私達にとってのチャレンジをしました。
二つのMVを一つにまとめることももちろん出来ました、でも、女性の二面性や嘘の二面性のことを思うと、黒でみる曲、白でみる曲全く違うと思ったのです、だから二つのMVで挑戦なのです。

もちろん私より綺麗なおねぇさんにしていただくほうが見た目もきっともっとよかったのかもしれません(笑)ですが、わたしはSEKIRARAのボーカルとして胸を張ってこの楽曲の最前に立ち、演じました。
自然と溢れ出る涙も、苦しい感情、醜い感情も、優しさに包まれた空間も、全てはSEKIRARAがこの楽曲に注ぎ込んだいまの全てだとおもいます。

こんなにブログ、文章でハードルを上げるつもりは全く無かったのですが、
わたしたちは昨年のメンバー脱退から思うようにいかない日々も、達成した日々もわたしたちで分かち合って進んできました。
でもそれでも自分のことだけに必死になってしまうこともありました、その中で何度も初心に帰り、何度も過ちを正してきました。私達はもう一度SEKIRARAとして自分たちの鼻をへし折り1からまたチャレンジ、そして更に駆け上がりたいのです、まだ未熟でもこれから先を、これから先のSEKIRARAをわたしたちは見ているからこその、今回の作品です。

愛情がたくさん詰まっています。
嘘 黒Ver. そして 嘘 白Ver.をどうかよろしくお願い致します。


そして、いつも応援、本当に有難う御座います。大抵、ファンの皆さんの応援が糧だといいますがどうしたら伝わるんやろうか、更に凄くそれを実感するMV作成期間でした。

これをきっかけに新しく、会えた皆さん、他のMVも、ライブもCDも、手にとって、見て、楽しんでみてください。

これからも
共に戦っていきましょう。

更に。


SEKIRARA 大波ユリカ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント