記事一覧

青春映画

君に話したいなあ、そう思った先に恋があると私は思っていて

青春映画という曲を作るときはとてもキュンキュンしていた
なぜなら実際に青春映画を観ていたから

とてもキュンキュンしていて
その中に秘めてある切なさとか、眩い、煌めいたものだとかって
SEKIRARAもそんなバンド、と
リンクしたものがあって

青春映画を題材にした曲を描きたくなった、だから

触りだけ歌ったら
メンバーの凄く好きやわ〜〜これ。その一言で私たちは曲にすることにした。

いつも急。
もちろん作らなきゃいけない時もあるよあるけど
こういった私の思いつき曲はとても急。

そして歌うからあとは宜しくと。
完全なるわがまま放置型、よく言うと信頼型。

いつだってSEKIRARAは私が歌うものを良いか悪いか二つで判断する
良いものは文字通り曲になるし、悪いものはお蔵にも入れない。

青春映画をやるぞって時
私が持ってきてたのは

「あー 話したいんだよ君と、話したいんだよ君に」

たったこれだけ
これで持ってきたって言えるのか?レベルやのに
凄く好きと言ったメンバーを私は覚えているのだからそりゃ最高の気分だったわけ

青春映画

これは正直なところ、人間いつまでも青春!と思っている私がいうとややこしいのかもしれないけど、
青春時代に観る青春映画と
今、大人になって観た青春映画の見え方が全く違っていたのである

そう青春の中の恋愛ってこんなもんも詰まってたんかと。
こんなギッチギチに詰まってたんかと。



いつまでも青春映画みたいな恋愛してたい、忘れたくないな〜って気持ちと
もう大人だから、大人なんだから、あんなセーラー服着れないし大人なんだから大人なんだから、あんな無意識で追いかけるとかできないしな、、とか簡単にいうとこの二つが私の中でせめぎ合ってせめぎ合って

できた曲です。(赤裸々) *諸説ある


青春映画のような恋愛してますか?
いや、していましたか?
それとも、したいですか?


なんだか懐かしい日々を思い出しちゃうような、大事な人のことちょっと考えちゃうような、

好きじゃないと思ってたクラスのあいつに、話したいなあと思うことがあって、今ハッとしているあなたみたいな人にも!
これから先こんな感覚を知ってほしいな
(私もまだまだ知りたい)

そんなキッカケになる曲になればいいな
私達は女子の気持ちを代弁するバンドだから(ウィキペディアならぬユリペディア参照)

女子の、(男子の)気持ちをもっと揺さぶりたい
そしてもっと大声で、音楽で伝えたい


だから

青春映画聴いてちょーだい

聴いてほしいなあ


聴いてほしいなあ




よし
改めて。

皆様に感謝を☺︎






来たる、9月13日 21:00


5/31にリリースされた「Day funny」の中から

「青春映画」

のMV解禁します。
このブログ読んでくれた人はお先に情報知れましたな

ナイス🌟


青春映画をいち早く聴いてくれた今回の監督
ずっとずっと映像にしたいなあ
映像にしたいなあ
と言ってくれていて

ならば、


しようではないか!!!

と発売して4ヵ月たった、今、録りました。

青春映画という曲がただただ好きだと言ってくれるファンの皆さんにもプレゼントです。
下半期もぶっ飛ばしてる最中のSEKIRARAをこれからもどうぞ宜しくね


来たる 9月13日21:00

拡散沢山してね(これが本当に有難いんだ、本当に。)


いつも乱文でごめんね
またブログかくね

SEKIRARA 大波ユリカ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント